お葬式の後にお別れ会や偲ぶ会を開催する場合の司会進行などの方法・手順などについての事例紹介をしています。参考にしてみてくださいね。

お別れ会や偲ぶ会 の 進行方法事例

お別れ会は、故人の死後2週間から49日くらい、
偲ぶ会は、故人の死後半年〜1年くらいに開催されるのが、
一般的なようです。

 

 

どちらも、ご遺族の意向で家族葬などのシンプルなお葬式が行われたため、
故人とのお別れができなかったであろう知人・友人・親戚などが故人との
お別れや故人を悼みつつもご遺族を励ます会でもあります。

 

 

開催場所は、レストランやお料理屋さん、ホテルなどの個室など様々です。
開催の仕方についてはこちらの
家族葬の後、お別れの会・偲ぶ会の開き方、やり方、参加時の注意事項とは?
をご参照いただきまして、ここではお別れ会や偲ぶ会での会の進行方法など
につてい書いてみたいと思います。

 

実際に私もこのような流れに従い亡き父の偲ぶ会を行いましたので参考に
してみてください。

 

 

 

 

お別れ会・偲ぶ会の司会進行事例 


 

 

● 遺族が主催 する場合

 

遺族が参加者にハガキや手紙電話などで連絡し参加不参加などを聞いて
人数を確定して開催場所などを選定します。

 

司会進行についても、基本的に遺族の誰かが行います。
場合によっては、親しい友人や親戚などにお願いしてもいいでしょう。

 

流れとしては、一例として次のようなものですが、お坊さんを招待して
読経や焼香を行う場合はまた違うものとなるかもしれません。

 

 

1.遺族による出迎え
2.開催の挨拶
3.遺族代表の挨拶
4.献杯
5.しばし歓談
6.遺族による故人のお話
  (生前の様子や病気の経緯など)
7.友人・知人などによる生前の故人とのエピソード紹介
8.歓談
  場合によっては、遺族または招待者が席を移動して
  生前の故人のお話をする
9.最後の挨拶(遺族代表)
10.閉会の挨拶及び遺族によるお見送り
  (場合によっては、香典返しやお礼の品などをお渡しする)

 

 

ちなみに、実際に行った私の父の偲ぶ会の場合は、
司会を私(次男)が行い、最初の挨拶は母親が行い、最後の挨拶は
兄(長男)が行いました。

 

 

 

 

 

 

● 故人の友人・知人が主催(開催) する場合

 

故人の友人・知人が開催する場合には、一応ご遺族の了承と出席が前提
となりますので、日程はご遺族優先で確定するのが一般的です。

 

 

1.主催者による出迎え
2.開催の挨拶(主催者)
3.(遺族代表の挨拶)
4.献杯
5.しばし歓談
6.(遺族による故人のお話)
  (生前の様子や病気の経緯など)
7.友人・知人などによる生前の故人とのエピソード紹介
8.歓談
  場合によっては、遺族または招待者が席を移動して
  生前の故人のお話をする
9.最後の挨拶(主催者または遺族代表)
10.閉会の挨拶(主催者)

 

 

 

 

ここで注意しておきたいのは、
主催者が友人や知人であっても、あまり酔いつぶれてしまうのは、
ご遺族にも失礼ですので、その辺は節度ある振る舞いが必要だと
思います。

 

 

 

 

 

 






当サイトの下記ページも是非参考にしてみてくださいね。

 

 ●家族葬の後、お別れの会・偲ぶ会の開き方、やり方、参加時の注意事項とは?
 ●お葬式での挨拶(例)
 ●お別れ会や偲ぶ会の開き方、進行事例
 ●お別れ会や偲ぶ会での振る舞い・挨拶(例)
 ●お別れ会や偲ぶ会の開催や司会進行役でのポイント

 


 

 ●葬儀・法要 : 喪主・遺族代表のあいさつ
 ●葬儀・法要のあいさつ・手紙・マナー

 

 

 

 

 

 

 

************************************
● <葬儀後に偲ぶ会・お別れ会を、お葬式は家族葬とお考えの方は

 

   葬儀の後に偲ぶ会・お別れ会を開く予定なので、お葬式自身は小さくても
   良いとお考えの方は、こちらの公式サイトから資料請求ください。
  【小さなお葬式

 

● <自分の葬儀も事前に調べておきたいという方は

 

   こちらの公式サイトの情報もご確認ください。
  【シンプルなお葬式・格安葬儀】

 

● <東京、千葉、埼玉、神奈川在住の方限定

 

   1都3県に1220の斎場と111拠点がある【アーバンフューネス】で
   丁寧で素早い対応、安心の見積りと説明で間違いの無い葬儀をしたい方は
   こちらから問い合せ&見積り請求ができます。他社比較も可能です。
  【アーバンフューネス】

 

************************************