葬儀・お葬式はできれば安くしたい方が多いのではないでしょうか?安くするためには?安く上げるコツとは何でしょうか?

葬儀・お葬式を安くするためには?安く上げるコツとは?

お葬式にはそれ相応のお金がかかります。

 

しかし、葬儀は故人のたった一回のものであり、また葬儀の光景は遺族の心に長く残るもの
ですから、安直に低価格がよいとは言えません。

 

その際のポイントは、送る側の心がどれだけ込めることが出来るかということであり、
自身や家族の価値観などに照らしあわせて必要なものを選び、不必要なものを省く という
選択をすべきだと思われます。

 

 

そういった観点から、お葬式を安く低価格にする方法というのを
考えてみると以下のようなことになります。

 

 

 

 

お葬式を安く低価格にする方法 


 

1. 会葬者を絞る

 

  家族葬でもそうですが、生前の付き合いの度合いによって、
  できるだけ会葬者の数を少なくします。
  そうすると、会場の大きさや飲食代、香典返しなどの費用を
  抑えることができます。

 

  また、香典を頂くのであれば費用を補填することができますので
  少し人数を多くしてもよいかもしれませんが、いずれにしても
  会葬者の数を減らすことが一番大きく左右します。

 

 

 

2. 各種単価を下げる

 

  例えば、お料理や返礼品、祭壇、棺などです。
  棺や祭壇などは、宗教的だったり、心情的であったりしますので、
  低価格化が難しいかもしれません。

 

  しかし、お料理や返礼品は儀式的なものなので会葬者に気を使わない
  場合には特に低価格化が可能です。
  1ランク品質を下げるなど工夫できそうです。
  最近では、ほかほか弁当などで済ませる場合も多く見られます。

 

  あとは、香典返しを即日返しにすると送料などの経費が抑えれます。

 

 

 

3. 葬儀の形を変える

 

  葬儀の規模や形式を簡素化する(家族葬、密葬、火葬、直葬など)
  市民葬、民生葬にする(公営の葬儀場・会場を使う)  
  無宗教の葬儀形式にする(火葬式+ホテル/レストランでの会食)

 

 

 

4. 葬儀屋さんの見積りを複数とって比較する

 

  葬儀費用の見積りは、けっこうわかりにくい場合が少なくありません。
  一般のものにはその費用や見積りが妥当かどうかがわかりにくいのです。
  ですので、近くの葬儀屋さん数社から見積りをとって比較します。
  それを元に交渉や内容の絞り込みなどで低価格化を行います。

 

 

 

以上、検討してみてくださいね。

 

 

 




また、

 

当サイトの下記ページも是非参考にしてみてくださいね。

 

 ●良い葬儀社を選ぶポイントとは?

 

 ●葬儀・お葬式を安くするためには?安く上げるコツとは?
 ●葬儀費用の傾向と相場の目安は?

 

 ●ご臨終。さて最初に決断しなければならない事とは?
 ●遺体の安置場所はどこにするのがお得なのでしょうか?最初が肝心です!

 

 ●「家族葬、火葬、直葬、密葬、一日葬、一般葬」と色々ありますが。。
 ●お葬式で失敗しないために必要なこととは? 葬儀の3大リスクとは?

 

 ●葬儀屋さんを選ぶなら、全国対応のこちらの葬儀屋さんもご参考に。
 ●”どうしても葬儀費用を安くしたい!”という方は必見です!

 

 





 

 

************************************
● <お近くで「小さなお葬式」をとお考えの方は

 

   こちらの公式サイトから資料請求ください。
  【小さなお葬式

 

● <自分の葬儀はシンプルに、という方は

 

   こちらの公式サイトの情報もご確認ください。
  【シンプルなお葬式・格安葬儀】

 

● <東京、千葉、埼玉、神奈川在住の方限定

 

   1都3県に1220の斎場と111拠点がある【アーバンフューネス】で
   丁寧で素早い対応、安心の見積りと説明で間違いの無い葬儀をしたい方は
   こちらから問い合せ&見積り請求ができます。他社比較も可能です。
  【アーバンフューネス】

 

************************************