「生前予約」「生前契約」をご存知ですか? 予約や契約をする前に気をつけておくべき事をお知らせしています。参考にしてみてください。

生前予約 生前契約 とは? 気をつけておくべき事とは?

あなたは、「生前予約」「生前契約」をご存知でしたか?

 

生前予約 」とは、
生きているうちに葬儀の予約をしてしまうというものです。

 

生前契約 」は、
生きているうちに葬儀の契約までをしてしまうというものです。

 

 

 

 

 

「生前予約」「生前契約」のできた背景 


 

「生前予約」「生前契約」のできた背景は以下のような思いがあります。

 

 ● 子供たちに面倒や負担をかけたくない
 ● 人生最後の儀式である葬儀を自分らしくやりたい

 

そして、
配偶者を亡くしたり、熟年離婚したり、子供の世話になりたくない、
など様々な理由で一人暮らしをしている高齢者が増えてきました。

 

そのような一人暮らしの高齢者は自分たちの葬儀や遺産相続について
切実な不安を抱えています。

 

 

ですので、
「生前予約」「生前契約」という形で希望する葬儀や遺言状などと
合せて遺産相続を執行してもらうとういう方がおられるのでしょう。

 

 

 

 

 

「生前予約」「生前契約」を紐解く 


 

「生前予約」「生前契約」の歴史は古く、1910年代にアメリカで始まりました。
日本では1990年代に始まりましたがそれほど広がっていません。

 

というのも、日本では生前に”死”後のことを話題にするのは、忌み嫌われ
敬遠されるといういう社会だからです。

 

現在はスピリチュアルなブームなどと共にそのカテゴリーが確立されて、

”死後の世界” についてもオープンに語られていますので、

それほど敬遠されることがなくなりました。

 

また、
終活をされる方やエンディングノートを作る方も少なからず出てきていますので、
時代はどんどんオープンな方向 へと進んでいます。

 

 

 

 

 

「生前予約」「生前契約」 で気をつけることとは? 


 

さて、「生前予約」「生前契約」のどちらもメリットは、
自分の望むお葬式ができるということなのですが、
この予約や契約をする前に気をつけておかなければならないこともあります。

 

 

「生前予約」「生前契約」の時に確認しておかなければならないこととして
以下のようなことがあります。

 

 ● 契約や予約内容の変更や解約ができるか?
   できる場合の条件、費用は?

 

 ● 費用の支払い完了が施行後になっているか?

 

   予約金などを支払うにしても全額を生前に支払ってしまうのは望ましくありません。
   というのは、将来その葬儀屋さんが存在しているかどうかがわからないためです。

 

 ● 費用の支払い方法の確立や資金の確保がなされているか?

 

 ● 契約や予約は書類でなされているか?

 

 ● 家族や想定喪主または親族の了承が取れているか?

 

 

 

上記のうちの”家族や想定喪主または親族の了承 ”については、非常に重要なことです。

 

というのも、後日トラブルとなる可能性を秘めているからです。

 

了承や同意でなくても、少なくとも意思として知らせておく必要はあると
考えられていますので、もしあなたも希望されるのであれば是非頭に入れて
おいてくさい。