多くの方が仏式での納骨を行われます。でもその他にも色々な納骨方法があります。最近のトレンドなども含めて参考にしてみてください。

納骨方法・色々 〜最近のトレンド〜

あなたは故人の納骨方法はどうようにされる予定ですか?
あるいは、あなた自身の納骨方法の希望がありますか?

 

 

一般には、仏式での納骨方法を選ばれます。
つまり、葬儀後にしばらくご自宅で遺骨を祀って
49日の法要の後にお墓納骨するというのが多いようです。

 

しかし、1年近く自宅で祀られる場合もあり、
そのやり方は自由になりつつあります。

 

そして、納骨と同様に遺骨の処理の仕方も最近では多様化 しています。

 

 

 

 

海洋葬 樹木葬 ニーム葬 宇宙葬 0(ゼロ)葬


 

海洋や山への散骨、樹木葬、ニーム葬など、故人を自然に還す「自然葬
という方法や宇宙葬、0(ゼロ)葬 、などといった究極の方法も選択できる
時代となりました。

 

 

背景には、高齢化によって十分生きたと実感する人が増してきたことや
ふだんの生活で仏教などの宗教を信仰していない人(無宗教)が増してきたこと、
家族が核家族化してきてしかも少子化してきたために従来のお墓の世話を
してくれる家族がいなくなってきた、などの理由が挙げられます。

 

 

0(ゼロ)葬 」という発想も、お墓の世話をすることに疲れた人や
世話をする家族に恵まれなかった方、一人老人の方などが増してきた
ためではないかと思われます。

 

 

また、
生前葬 」などという死ぬ前に自分の葬式をしてしまい、
お世話になった人や最後に会いたい人たちを招いてお別れ会のような
ことをされる方もでてきています。

 

 

要は、日本人の考え方が多様化・自由化してきたということと、
家族や家系、親族との繋がりが希薄化してきたためなのかもしれません。

 

 

それぞれの遺骨の処理の仕方につては別途説明ページを設けていますので、
そちらの方をご覧ください。

 








スポンサーリンク