最近、ひとり暮らしの方の献体が増えているそうです。その理由は何でしょうか?一緒に見ていきたいと思います。

最近、献体が増えているそうです。その理由とは?

あなたは、「献体」という言葉をご存知ですか?

 

「献体」とは、

死後に自分の遺体を大学などの医学部に”解剖実習用の教材”として提供することで、
世の中に”良い医者”を送り出し医学の発展に寄与することを言います。

 

 

献体を希望する場合は、そうした意思を持つ人達の集まりである「白菊会」に
入会することとなります。

 

 

 

ここで注意しておかなければならないのは、本人の意思だけで決めれない、
ということです。

 

肉親や家族の同意が必要な場合があるため、事前に意思を伝えて了承してもらう
ことが必要となります。

 

ちなみに、献眼や献腎などの臓器提供とは相容れないのでどちらかを選ぶ必要があります。

 

 

そして、最近この「献体」が急増 しています。

 

1985年には6万人程度だったのが、2000年には約18万人、
2014年には約26万人に増加しています。

 

 

 

 

 

献体 その理由は? 


 

”誰にも迷惑をかけたくない”というものや
”火葬費を負担しなくて済む”、”墓を残さなくて済む”という経済的なもの
がありますが、

 

それらの理由は以前からあったものです。

 

 

 

最近献体希望者が増えている本当の理由は、

独居(一人きり)老人が増えている ことだと言います。

 

 

一人きりの老人は、当然一人でいる時間が多くなるので、おのずと自分の死に
向き合う時間が多くなります。
その結果、何か最後に社会に貢献できることはないかとを考え、思いついたのが
「献体」ということのようです。

 

 

 

これから、更に高齢化社会に向かう日本ではこのような方が今後もどんどん
増えてくるように思われます。

 








スポンサーリンク