キリスト教で葬儀を行う場合にのやり方をご存じでししょうか?簡単にご説明しています。

各種葬儀のやり方 〜キリスト教編〜 

日本では仏式でのお葬式が一般的です。

 

しかし、クリスチャンの方や最近では無宗教の方も
教会でお葬式のようなお別れ会をされる方が増えてきました。

 

 

 

どんなものかをここでご紹介しておきます。

 

 

 

 

カトリック式 


 

 

 ・カトリックでの葬儀とは、故人の罪を神に詫びるとともに
  許しを請うことで永遠の安息が得られるように祈る儀式です。

 

 

 (通夜祭)
  ・自宅で棺の前に遺影と十字架、ロウソクと花を飾って、
   神父に来てもらって聖書朗読と説教をお願いします。
   その後聖歌を合唱して祈ります。
   最後に茶菓で故人の思い出を静かに語ります。

 

 (葬儀ミサ)
  ・教会での祭壇の飾り付けは教会や教会を通じた葬儀屋さんにお願いします。

 

  ・祈り、聖歌合唱、さん水(香)、聖歌合唱、故人略歴紹介、弔辞・弔電紹介
   遺族代表挨拶、さん水(献花)

 

 

 

 

 

プロテスタント式 


 

 

 ・プロテスタントででは死ぬことを召天と言います。
  死後は天に召されて神の手にゆだねられるものと考えられています。
  儀式は生前故人の受けた神の恵みに感謝し、この世での別れを惜しみながらも
  神を礼拝するために行われます。
 ・プロテスタントはカトリックに比べて簡素で形式にこだわりません。
  大きく違うのは信者でなくても本人の希望や遺言があれば教会で葬儀を
  行ってくれることです。

 

 

 (通夜祭)
  ・自宅で棺の前に遺影と十字架、ロウソクと花を飾って、
   神父に来てもらって聖書朗読と説教をお願いします。
   その後聖歌を合唱して祈ります。
   最後に茶菓で故人の思い出を静かに語ります。
  ・カトリックとほぼ同じですがプロテスタントでは、
   臨終前に牧師を招いて臨終の時に祈りを捧げてもらいます。

 

 (葬儀)
  ・聖書朗読と神への祈りが中心になります。
  ・オルガン演奏、聖書朗読、祈り、牧師説教、弔辞・弔電紹介、祈り・オルガン演奏、
   告別の祈りと献花

 

 

 

 

 

カトリックが儀式を重んじるのに対して、プロテスタントは個人の信仰に重きを置きます。
そのため、儀式の自由度が高く、形式にこだわらないという特徴があります。
プロテスタントは偶像崇拝を行わないので、祭壇の飾りも花を飾るだけの非常にシンプルなものです。

 

 

仏式に比べてどちらもシンプルで厳かな雰囲気に包まれます。

費用も格段に安い というのも特徴です。

 

 








スポンサーリンク