あなたは葬儀(お葬式)の常識やマナーをご存知ですよね。でも意外と知らない葬儀のマナーもあるかも知れませんよ。一応おさらいとしてご確認くださいね。

意外と知らない葬儀のマナー

多くの人は自分の常識が世間の常識と

勘違いしやすいようです。

 

 

ここで、一応自分の常識と違うかどうかを
チェックしてみてくださいね。

 

 

 

もし、勘違いしていたものがあれば今知ることができて
あなたは幸いです。

 

今後近い?葬儀で改めましょう。

 

 

 

 

お通夜・葬儀 での マナー 


 

 

 ・「この度はご愁傷様でした。心からお悔やみ申し上げます。」
  などとお悔やみの言葉をかけましょう。

 

 ・「死因」は聞かない。

 

 ・なるべく長居をしない。

 

 ・通夜ぶるまいを遠慮する。

 

 ・通夜ぶるまいでお酒を飲みすぎない。
  親しい方が亡くなったとしても声大きく泣いたりはめをはずしたりしない。

 

 ・明るい表情で笑わない。

 

 ・服装、メイク(化粧)、アクセサリーは派手にしない。

 

 ・読経や焼香の時にガサガサしたり順番を間違えない。

 

 ・久しぶりに会う方がいてもその場で長話しない。

 

 ・焼香の仕方や順番は前の人の様子をよく見て同じようにすること。

 

 ・”平服でお越しください” と言われた場合には男性ならダーク系のスーツ、
  またはダーク系ジャケット・パンツ・ネクタイ着用です。
  女性ならスーツ・ワンピース、ジャケット・スカートなどです。
  間違えてもジーンズや普段着で行かないようにしましょう

 

 

 

 

 

その他の 常識的なマナー 


 

 

 ・タバコは外で吸う。
 ・携帯電話の電源は切っておく(マナーモードではなく)。
 ・おしゃべりは控える。声を潜める。大きい声で話さない。

 

 

 

 

 

 

以上でした。
あなたの常識は大丈夫でしたか?

 

 








スポンサーリンク