仏式で葬儀を行う場合に葬儀前と後にしておく事をご存知でしょうか?一応おさらいとしてご確認くださいね。

葬儀前後にする事・その3 〜仏式編〜 

仏式でお葬式を行う場合には、どんなことに気をつけておけばいいのでしょうか?

 

簡単な流れについてお伝えしておきます。

 

 

 

1. ご臨終の前 

 

 

 ・お願いしたいお坊さん(僧侶)がおられのであれば、その方い事前に連絡をしておきます。
 ・お布施や費用についても遠慮なく確認しておきます。

 

 ・葬儀屋さんに一式をお願いするのであれば、事前にお願いする葬儀屋さんを決めておく
  方が段取りもスムーズです。

 

 

 

2. ご臨終後 

 

 ・お坊さん(僧侶)または葬儀屋さんに連絡して枕経をあげてもらいます。
 ・お坊さん(僧侶)または葬儀屋さんと詳細なスケジュールを確認します。

 

 

 

3. お通夜〜葬儀 

 

 ・通夜振る舞いや精進落としなどをどこまで(対象者や費用など)行うのかを
  事前に確認しておきます。

 

 

 

4. 火葬〜初七日法要 

 

 ・火葬前にお坊さん(僧侶)による読経があります。
 ・火葬後に骨上げを行い、葬儀場などに戻って繰り上げの初七日法要をお坊さん(僧侶)に
  行ってもらいます。
 ・霊柩車・マイクロバスの運転手や火葬場の作業員、控室の係員などにへの心づけに
  関しては葬儀関係者に事前に聞いておく方がいいでしょう(渡すタイミングや金額)。

 

 

 

5. 49日法要 

 

 ・日時についてお坊さん(僧侶)に事前に確認しておきます。

 

 

 








スポンサーリンク