葬儀費用の見積りで、価格が”葬儀一式”という言葉でまとめていくらと書かれていませんか?あなたはそれを葬儀に関する全ての費用が含まれていると勘違いしていませんか?

葬儀費用、”葬儀一式”の勘違い?

急な葬儀などの場合は、
気持ちが焦ったり動転していて、
葬儀屋さん選びやその連絡打ち合わせ、
その他の準備、関係者への連絡などで

 

忙しくバタバタしていてしっかりと
対応できないことが多いと思います。

 

 

葬儀の見積りにしても、
最悪の場合は大体いくらということだけで、
後は実費なんていうこともあるでしょう。

 

 

また、
葬儀屋さんはプロのはずですが、
細かい見積りをださずに「葬儀一式」という
まとめた項目で”〜〜円”という見積りを
出してくるところもあります。

 

 

この「葬儀一式」という言葉は、

業者用語で、葬式に関する共通した項目を

パッケージにした費用を表します。

 

ですので、それぞれの業者でその内容は
様々
なんです。

 

 

何が含まれていて何が含まれない実費なのか、
という詳細はきちんとその葬儀屋さんに
聞かないとわかりません。

 

 

 

一般的には、 ”葬儀一式” に含まれるものとして、

 

 

1. 棺手配一式 

 

2. 祭壇飾り 

 

3. その他人件費 

 

 

などです。

 

 

 

そして、
その他 ”実費” に含まれるものとしては、

 

 

1. 霊柩車手配 

 

2. ドライアイス代 

 

3. 通夜料理や精進料理 

 

4. 会葬御礼品、香典返し 

 

5. 遺族名義で飾る供花 

 

6. 自宅以外の場所での式場利用費用 

 

7.遺族や関係者用のマイクロバス費用 

 

8. 火葬場や待合室の利用費 

 

 

などです。

 

 

 

例え葬儀屋さんと打ち合わせをして、
葬儀の形式や必要品などをお話していたとしても、
希望した内容のものが「葬儀一式費用」に
必ずしも入っているとは限りません。

 

 

この辺の確認を事前にできれば葬儀屋さんを選ぶ段階で
きちんと確認しておく必要があります。

 

 

葬儀後にトラブルとならないためにも

必ず確認しておくことをお勧め致します。

 

 

 

 

 

 

当サイトの下記ページも是非参考にしてみてくださいね。

 

 ●良い葬儀社を選ぶポイントとは?

 

 ●葬儀・お葬式を安くするためには?安く上げるコツとは?
 ●葬儀費用の傾向と相場の目安は?

 

 ●ご臨終。さて最初に決断しなければならない事とは?
 ●遺体の安置場所はどこにするのがお得なのでしょうか?最初が肝心です!

 

 ●「家族葬、火葬、直葬、密葬、一日葬、一般葬」と色々ありますが。。
 ●お葬式で失敗しないために必要なこととは? 葬儀の3大リスクとは?

 

 ●葬儀屋さんを選ぶなら、全国対応のこちらの葬儀屋さんもご参考に。

 

 



スポンサーリンク