あなたの大切な人のご臨終。悲しんでばかりいられません。あなたが最初に決断しなければならない事が分かりますか?

ご臨終。さて最初に決断しなければならない事とは?

あなたの大切な人のご臨終に際して、
悲しみがにわかにこみ上げてくるのが普通です。

 

 

過去の記憶が走馬灯のように
蘇ってくるかもしれません。

 

悲しみに浸っていたい気持ちは誰しも同じです。

 

 

 

しかし、
その時にその気持ちも落ち着かない内に、
あなたは決断を迫られてしまいます。

 

 

 

それは、 「遺体の安置場所」 なんです。

 

 

ご自宅でご臨終された場合はよいのですが、
多くの方は病院などでご臨終を迎えられます。

 

 

病院側としては遺族や故人を悼みつつ、
早くベッドを空けてほしいのが本音です。

 

ですので、緊急入院や事故などを除き、
大抵の病院では事前に安置場所を決めておくように
促されます。

 

 

 

候補としては以下の選択肢があります。


 

1. 自宅
2. 葬儀社
3. 火葬場 (公共 or 私設)
4. 安置専用施設


 

 

利用料金や施設の設備、その後の葬儀への融通など、
それぞれに一長一短がありますので、
事前に検討しておく方がいいでしょう。

 

 

 

 

急な事故でない限り、できるだけ具体的に
候補を絞っておくことを強くお勧めします。

 

 

故人が亡くなってから急に決めるのでは
後々後悔してしまうことになりかねません。

 

 

 

 

当サイトの下記ページも是非参考にしてみてくださいね。

 

 ●良い葬儀社を選ぶポイントとは?

 

 ●葬儀・お葬式を安くするためには?安く上げるコツとは?
 ●葬儀費用の傾向と相場の目安は?

 

 ●ご臨終。さて最初に決断しなければならない事とは?
 ●遺体の安置場所はどこにするのがお得なのでしょうか?最初が肝心です!

 

 ●「家族葬、火葬、直葬、密葬、一日葬、一般葬」と色々ありますが。。
 ●お葬式で失敗しないために必要なこととは? 葬儀の3大リスクとは?

 

 ●葬儀屋さんを選ぶなら、全国対応のこちらの葬儀屋さんもご参考に。