「お葬式の服装髪型」について解説しています。参考にしてみてください。

「お葬式・お通夜の服装髪型」〜お通夜と葬儀、遺族・参加者など〜

ここでは、
お葬式の服装について少し触れてみたいと思います。

 

 

以前は、遺族や親族・喪主などは正式礼装(モーニングなど)を着用していましたが、

 

今は男性の場合、略礼装の黒いスーツで通夜、葬儀、告別式に臨むことが常識となっています。

 

女性の場合、お通夜に洋装の正式礼装、葬儀と告別式では和装の正式礼装というのが
一般的でしたが、葬儀と告別式も洋装にする人が多くなっています。

 

ちなみに、和装と洋装に格の上下はないようです。

 

 

 

 

<男性の場合> 

 

・シングルかダブルの黒または濃いグレーのスーツ。
・シャツは白無地、ネクタイは黒無地。
・派手な時計はNG.アクセサリーやタイピン無し。
・ズボンの裾はシングルがベター。靴下は黒無地。靴はできれば黒の礼装用。

 

 

 

<女性の場合〜洋装〜> 

 

・上着は黒の長袖、スカートの丈は長め。
 ストッキングは黒の柄なし。
・結婚指輪以外のアクセサリーは控えるが白のパールの一連のネックレスまたは
 一粒タイプのイヤリングネックレスは可。マニキュアもNG。
・靴やバッグは黒のできれば金属や飾りがないものがベター。
 靴はオーソドックスなデザインの黒のパンプス。ヒールは高くないもの。

 

 

 

<女性の場合 和装編> 

 

・アクセサリーは結婚指輪以外はつけない。時計も外してバッグの中へしないほうがよい。
・冬は羽二重か一越ちりめん、夏は駒絽(こまろ)か平絽(ひらろ)のものがベター。
・半襟、足袋、じゅばんは白。
・それ以外の帯、帯締め、帯揚げ、草履、バッグなどの小物は黒で統一。
・帯は袋帯で地紋があっても良い。

 

 

 

 

 

<参列者の服装> 

 

参列者の場合、通夜では礼装を着ない方が良いとされていますが、
葬儀と告別式の代わりに通夜に出席する人が多くなり、通夜でも略礼装を着る人が増えています。

 

 

・男性
黒またはダークスーツ。
最低限ネクタイと靴下は黒。

 

・女性
洋装なら黒や地味な色のアンサンブル、スーツやワンピース。
和装は地味な色無地に黒帯。

 

 

男女ともに、葬儀と告別式に参列する場合は、洋装の準礼装でも可。
準礼装とは、流行を取り入れたデザインのものを言います。

 

 

 

 

<急な出席の場合> 

 

黒や、濃いグレー、濃紺のアンサンブルや、黒のブラウスとスカート、パンツなどでも可。
できれば黒系のパンプスがベター。
カジュアルすぎなければ良しとされているようです。

 

 

 

 

 

<小物> 

 

・手袋は、黒で布製のものがベター。焼香するときは外す。
・ハンカチは、白の無地か黒のフォーマル用。色物のハンカチはNG。
・傘は、黒、紺、グレーなど地味な色の物にする。

 

 

 

 

 

 

<髪型> 

 

・シンプルにまとめておく。
・お通夜の場合は急であることが多いので逆にあまりにキチンとしていない方がいいかもしれません。

 

 

 

 

<その他> 

 

・香水は、お香が焚かれる通夜や葬儀の場では相応しくないのでNG
・時計や携帯電話のアラーム音や着信音はマナーモードにしておくことを忘れない。

 

 








スポンサーリンク