「お葬式の流れと日程、時間」については実際にやってみなければ実感がわかないものです。人のお葬式に出席はしていても当事者になると意外と知らないこともあります。

「お葬式の流れと日程、時間」 〜臨終から初七日法要まで〜

故人が亡くなったその瞬間から葬儀のプロセスが始まります。

 

そのプロセスはどこで亡くなったかによっても変わりますが、
多くの場合は病院で医師や家族に見守られながら臨終という
パターンです。

 

 

その場合は、
病院側である程度その後の流れについて
案内・誘導をしてくれますことがほとんどですが、

 

病院側の経験や地域の慣習などによって
もしそうでなければ慌てないように
しておく必要があります。

 

 

そんな時のために、
その後の作業の一応の流れについて見ておきましょう。

 

 

 

1.臨終

 

  ・医師立会のもと死亡時刻が告げられる。
  ・その後死亡診断書が病院から発行される。
  ・各種申請に必要なのでコピーを何部かとっておく。

 

2.葬儀屋さんを選定して連絡

 

  ・死亡後しばらくは病院に遺体を安置(半日〜1日程度)
   してくれる(交渉要)のでその間に業者の手配などを
   済ませる。
  ・とりあえず遺体の搬送のみを依頼するというのも可能。
  ・菩提寺があるなら住職に連絡する。
  ・喪主を決める。

 

3.遺体搬送

 

  ・自宅や葬儀場へと搬送

 

4.遺体安置及び枕経

 

  ・遺体安置と共に僧侶による読経が行われる。
  ・枕経は臨終後直ぐに病院内にて行わせてくれる
   場合もある。

 

5.関係者への訃報の連絡

 

  ・親戚や友人知人など関係者に連絡する。
  ・死亡届け提出と死体火葬許可証の交付申請受取り

 

6.お通夜

 

  ・僧侶による読経/焼香。
  ・通夜振る舞い(軽い食事)など。

 

7.葬儀・告別式・出棺

 

  ・葬儀当日。受付/僧侶による読経/焼香/
  ・喪主挨拶
  ・棺の出棺/お別れ式
  ・関係者は火葬場へ移動

 

8.火葬

 

  ・火葬場での手続き(死体火葬許可証提出など)
  ・火葬前の僧侶による読経
  ・火葬開始
  ・火葬終了を待つ

 

9.収骨(骨上げ)

 

  ・火葬終了後、骨上げ(遺骨の拾い上げ)を行い骨壷へ収める
  ・埋葬許可証の受取り

 

10.繰り上げ初七日法要

 

  ・遺骨/位牌/遺影を祭壇に安置する。
  ・最近は葬儀当日に初七日法要を行う。

 

11.精進落とし
   葬儀終了後に喪主や遺族が僧侶や世話役をもてなす
   食事の振る舞いをする。

 

 

 

大まかには上記のような流れになります。

 

 

 

できれば、
臨終の一週間くらい前くらいから上記の準備、特に葬儀方法について
調査や決定をしておく方が当日にバタバタと慌てなくてすみ、ゆっくりと
故人とのお別れができますので、是非考えてみてください。

 

 

 








スポンサーリンク