最近の主流の家族葬。しかし、その実態は自分でしてみないとわかりません。なぜなら、家族葬に出席する機会が少ないからですね。一般的なルールをご紹介してみます。

家族葬に友人を呼んでもいい?家族葬に参加する人たちとは?

あなたも家族葬に興味があっても、
その実態はあまり知られていませんでした。

 

 

葬儀屋さんに詳細を聞いても
喪主さんのご意思次第ということが多い
のではないでしょうか?

 

でもいざ行うとなれば
一応常識的な知識を事前に持っていたいですよね。
やはり不安ですよね。
後悔もしたくないでしょうしね。

 

 

 

 

私も実際に友人の家族葬に
出席させてもらい、
父親の葬儀も家族葬で行いましたので、
実態をある程度把握することができました。

 

ですので、
自分の葬儀をもし家族葬で行うとしても、
それほど慌てることもありません。

 

 

 

実際に感じたこととしては、
あなたも不安に感じている家族葬の参加者
について述べてみます。

 

 

元々家族葬が増してきた背景には、
高齢化で故人の友人などが減少してきたことや、
近所付き合いが少なくなったこと、
従来の葬儀に対するストレスなども
ありますが、

 

一番大きな要因は、
故人の意思を重んじた、
本当に故人を悼み悲しみ共にお別れを
したい者達で葬儀をしたいという
遺族の意思です。

 

 

 

 

ですので、
故人又は遺族がこの人には
出席してもらいたい、
一緒に悲しみを分かち合いたい、
と思うなら

 

それが他人であってもいいわけです。

 

 

家族葬には、
基本的にはルールはありません。

 

故人や遺族の意思が全てです。

 

 

葬儀屋さんに進行をお任せはできますが、
葬儀屋さんがしきるものでもありません。

 

 

もっと自由に考えてみませんか?

 

 

 








スポンサーリンク